節税

節税とは、わたしたちのような個人や会社などの法人が、租税法によって定められた税の負担に対し、その法律の想定する範囲内で、この税負担を少なくすることになります。

税金を納めることは私たち国民の義務となっていますが、その納税の額は個人か会社などのそれぞれの個々の状況に合わせてそれぞれに設定されるべきであり、その納税の額が多くなっているのであれば、それをしっかりと精査することによって、税金を還付したり控除することができるよう、制度が整えられているのです。
参考>>デリバティブ取引でFXの動きを学べ!

例えば、企業の雇用者でありそこから給与を受けているサラリーマンなどは、源泉徴収という形で毎月の給与から税金を差し引かれています。
しかし、この税金はあくまで仮払いの状態となっていて、毎年の年末に行われる年末調整で申請を行うことによって、例えば生命保険料などの支払い分を、その仮払いの状態になって押さえられている源泉徴収から返却してもらう、つまり還付金を受け取ることができるのです。

また、源泉徴収を受けているサラリーマンでも、会社からの指示などで転勤をしたり、単身赴任などによって掛かることになった経費でも、会社の証明書があればこれを必要経費として確定申告をすることもでき、税金を節約する事が可能になっているのです。

資産運用おすすめサイト>>ハイローオーストラリアの初心者を参考に始めてください!


会社などの経営であれば、収益が大きく出た場合にはそれをそのまま申告するのではなく、必要な設備投資などを行ってから申告することによって、大きくなった収益を圧縮することが可能になり、大きな収益による大きな課税額を支払うことを回避し、納税額を節約することができます。

申告をする際にも、青色申告を行うことによって、その青色申告による特別控除を受ける事ができたり、過去に赤字が発生した場合にでも、それを将来の黒字で相殺することのできる繰越控除制度などもあり、こうした事を的確に行って様々な控除を受ける事により、節税をして無駄にな税金を払うことを回避し、会社の経営を安定させることもできるのです。

こうした節税の多くは、自らが申し出ることによってその還付や控除を受けられるものがおおく、税金に対する関心を持ってしっかりと対応することが必要になるのですが、ほとんどの場合、こうした節税がされていないことが多いのです。

例えば、近年に有名になったふるさと納税ですが、これは実際は寄付金であるために、ただふるさと納税を行っても税金を納めたことにはなりません。

ふるさと納税を納めた自治体などから寄付金証明書をもらい、確定申告を行うことによって、本来納めるべき所得税や住民税が控除されることになるのですが、ふるさと納税を納めた人の半分以上が、こうした事を行っていないために、ふるさと納税を支払ったうえで、さらに本来の納税も支払ってしまっているのです。

おすすめサイト>>外為オンライン詳細情報はこちら